麻雀の役

天和(テンホー)

投稿日: 07/14/2021 更新日:

キャラクターイラスト:さゆ吉様, 麻雀牌等の素材イラスト:Ella_why様

了平
今回も、麻雀の役を覚えていこう!
和子
この記事では、天和(テンホー)っていう役を紹介していくよ!

今回の記事では、天和(テンホー)について解説していきます。

麻雀の役一覧に戻る



Sponsored link

天和(テンホー)の基本形

天和(テンホー)

役満メンゼン役(鳴き不可)

【天和(テンホー)の和了例】

【天和(テンホー)の和了例】

天和(テンホー)は、親が配牌の時点でアタマ1組と面子4組が揃っていると成立します。

あがると役満です。

和子
天和であがれたら超ラッキー!人生で一度はあがってみたい麻雀の役かもね!

麻雀用語を覚えよう

役満

麻雀の役の中でも非常に難易度の高いもの、もしくはその役で和了したときに獲得できる点数のこと。(親48,000点/子32,000点)

 

天和(テンホー)の成立条件

天和(テンホー)の条件

  1. アタマ1組、面子4組揃えば和了
  2. 親で、配牌の時点で和了形になっていること

天和(テンホー)であがるには、上記の条件をすべて満たす必要があります。以下でさらに詳しく条件を解説していきます。

 

アタマ1組、面子4組が揃えば和了!

天和(テンホー)であがるには、手牌の中でアタマ(=雀頭)1組、面子(メンツ)4組を揃える必要があります。

和子
ちなみにちょっと例外的だけど、対子7組の七対子(チートイツ)の形でもOKね!

 

親で、配牌の時点で和了形になっていること

天和(テンホー)であがるには、親でかつ、配牌の時点で和了形になっている必要があります。

天和(テンホー)の条件

  1. アタマ1組、面子4組揃えば和了
  2. 親で、配牌の時点で和了形になっていること

麻雀用語を覚えよう

麻雀のある局において、最初に番が回ってくるプレイヤーのこと。

配牌(ハイパイ)詳細

各プレイヤーに麻雀牌を配ること。

 

Sponsored link

天和(テンホー)の点数は?

天和(テンホー)で和了すると、親なら48,000点、子なら32,000点獲得できます。天和(テンホー)に限らず、役満はこの一律この得点になります。

和子
詳しい点数計算については、以下の記事も参考にしてみてね!

 

あがると死ぬ!?天和の確率は?

天和の確率は1/33万!

天和(テンホー)の出現率は、およそ1/33万と言われています。つまり、約0.0003%もの低確率というわけです。

了平
とんでもないレア役だね!

 

天和であがると死ぬ!?

麻雀の役の中でも特に出現率の低い、天和(テンホー)と九蓮宝燈(チューレンポウトン)の2つは、あがってしまうと運を使い果たして死んでしまうともいわれています。

もちろん、役の難しさを示す例えで、実際に死んでしまうわけではありません。実際の麻雀で天和が揃ったら迷わずあがりましょう。

和子
ちなみに、実際には四槓子(スーカンツ)の方が難易度が高いなんて言われているの!もちろん四槓子(スーカンツ)を揃えても死ぬことはないけどね!

 

Sponsored link

天和に似ている役

地和(チーホー)

地和(チーホー)は、1巡目のツモでツモ和了すると成立する役満の役です。子の場合のみ成立します

なお、1巡目のツモ番までにポン、チー、カンのいずれかがあると無効になります。

了平
天和(テンホー)の子バージョンってことだね!

 

人和(レンホー)

人和(レンホー)は、自分の1巡目が回ってくる前にロン和了すると成立する役です。子の場合のみ成立します。

なお、ロンする前に他家がポン、チー、カンのいずれかがあると無効になります。

人和(レンホー)は、ローカル役の扱いで、ルールによっては採用しない場合もあります。またあがった時の得点も、役満とする場合が多いですが、他にも満貫とする場合、跳満とする場合、倍満とする場合など様々です。

麻雀用語を覚えよう

ロン和了

他家が自分の和了牌を捨てたとき、その捨て牌を奪ってあがること。

ツモ和了

ツモった牌が和了牌だったとき、そのままあがること。

ポン

他家の捨て牌を1枚奪って、刻子を作る行為のこと。

チー

他家の捨て牌を1枚奪って、順子を作る行為のこと。

カン

槓子を作る行為のこと。

麻雀の役一覧に戻る

 

まとめ

和子
今回は天和(テンホー)について解説したよ!

POINT

  • 役満
  • 親で、配牌の時点で和了形になっていること
了平
人生で一回は揃えてみたい超レアな役だね!

麻雀の役一覧に戻る


Sponsored link

-麻雀の役
-,

執筆者:

関連記事





comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です