ゲームの進行に関する用語

配牌(ハイパイ)

投稿日: 05/23/2021 更新日:

キャラクターイラスト:さゆ吉様, 麻雀牌等の素材イラスト:Ella_why様

了平
麻雀って、最初に麻雀牌をジャラジャラ並べるよね!あそこの手順も結構難しそうだよなあ…
和子
じゃあ今回は、麻雀牌の配り方、配牌について解説していくよ!

今回の記事では、麻雀用語である配牌について解説していきます。



Sponsored link

配牌って?意味は?読み方は?

配牌=ゲームの最初に、手牌を配ること

配牌(ハイパイ)』とは、麻雀のゲームを始める前に各プレイヤーに手牌を配ることです。

手牌は基本的にはそれぞれ13枚になりますが、配牌では親に14枚、子に13枚配ります。これは、親の一番最初のツモを省略して先に配ってしまう意味があります。

 

配牌は、『ハイパイ』と読む

配牌は、『ハイパイ』と読みます。

麻雀用語を覚えよう

配牌(ハイパイ)

各プレイヤーに麻雀牌を配ること。親に14枚、子にそれぞれ13枚配る。

手牌(てはい)詳細

各プレイヤーの手元にある13枚の麻雀牌。

 

Sponsored link

配牌のやり方、進め方

配牌は、まず牌山を積むところから始まります。流れはざっくりと以下のようになります。

配牌のやり方

  1. 洗牌して牌山を積む
  2. サイコロで王牌を決める
  3. 各プレイヤーが手牌を取っていく
  4. ドラ表示牌をオープン
和子
詳しい配牌の勧め方は、以下の記事を参考にしてね!

まずは洗牌して牌山を積む

まずは、麻雀牌をジャラジャラとよくシャッフルします。これを『洗牌(シーパイ)』と言います。洗牌が終わったら、各プレイヤーが自分の正面に2段×17枚の『牌山(パイヤマ)』を積み上げます。

【洗牌して牌山を積む】

【洗牌して牌山を積む】

 

サイコロを振って、王牌を決める

牌山が積みあがったら、親が2個のサイコロを振って『王牌(ワンパイ)』を決めます。王牌はゲームから除外する14枚の牌のことです。

親がサイコロを振って、親から反時計回りに出た目の分を数え、そのプレイヤーの前の牌山の右端から出た目の数だけ切り離します。そして、切り離したところから右に数えて2段×7枚=14枚の牌を王牌とします。

【王牌はサイコロで決める】

【王牌はサイコロで決める】

 

手牌の取り方は?4枚ずつ取って最後はチョンチョン

王牌を決めたら、各プレイヤーが手牌を取って配牌していきます。配る枚数は、親が14枚、子が13枚です。これは最初の親のツモを省略して、先に配ってしまうという意味があります。

配牌するときは、まずは各プレイヤーが2段×2枚の計4枚のブロックを一気に取っていきます。これを3巡すれば、各プレイヤーの手元にそれぞれ12枚の牌がいきわたることとなります。

【4枚ブロック×3順=各12枚配る】

【4枚ブロック×3順=各12枚配る】

最後は、親が2枚、子が1枚ずつ取れば配牌は完了です。ここで、親は1個飛ばしに上の段の牌を2枚取り、それから子が1枚ずつ取っていきます。この親が1個飛ばしに2枚取る行為は、「チョンチョン」などと表現することがあります。

【1個飛ばしに親がチョンチョン】

【1個飛ばしに親がチョンチョン】

了平
結構複雑だなあ……一度実際にやってみないと覚えられないかも……

 

ドラ表示牌をオープン

配牌が終わったら、王牌の左から3つ目、上段の牌をめくって公開しましょう。これが『ドラ表示牌』となります。ドラ表示牌は、王牌の前に座っているプレイヤーがめくるようにしましょう。

【ドラ表示牌】

【ドラ表示牌】

和子
ネット麻雀だと、この辺は全部自動でやってくれるから楽ちんね!

麻雀用語を覚えよう

洗牌(シーパイ)

麻雀牌をジャラジャラとシャッフルすること。

牌山(ハイヤマ)詳細

各プレイヤーの前に積まれた、2段×17枚の麻雀牌の山のこと。

王牌(ワンパイ)

ゲームから除外する14枚の牌のこと。ごく一部の例外を除いて、王牌が誰かの手牌の内に入ることはない。

チョンチョン

配牌のとき、親が最後に2枚の牌を1個飛ばしで取ること。

ドラ表示牌

ドラを示すための牌。

 

Sponsored link

配牌の良い悪いって?

最初の手牌がバラバラだと、『悪い』

最初に配られた手牌がバラバラな状態のことを『配牌が悪い』と表現することがあります。配牌が悪いと、なかなか役が揃わないためゲームの進行が不利になるでしょう。

 

配牌オリって?

役が揃いそうにないため、あがることを諦めるプレイングのことを『降りる』と表現します。あまりに配牌が悪いと、配られていきなり降りてしまう場合があり、これを『配牌オリ』と言います。

和子
実際は、配牌が悪くてもいきなり降りることはそうそうないかもね!

麻雀用語を覚えよう

降りる

あがることを諦めるプレイングのこと。

配牌オリ

配牌があまりに悪いため、ゲーム開始でいきなり降りること。

 

まとめ

和子
今回は、配牌について解説したよ!

POINT

  • 麻雀牌を配ることを配牌という
  • 配牌は、親に14枚、子に13枚配る
  • 配牌は、まず4ブロックごとに取っていき、最後に親が2枚、子が1枚取る
了平
ただ配るだけでも、結構難しいんだね…!

Sponsored link

-ゲームの進行に関する用語
-,

執筆者:

関連記事





comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です