ゲームの進行に関する用語

王牌(ワンパイ)

投稿日:

キャラクターイラスト:さゆ吉様, 麻雀牌等の素材イラスト:Ella_why様

了平
麻雀って、牌の配り方も結構難しいよね…。使わない牌があったりするし…
和子
使わない牌ってのは、王牌のことね!

今回の記事では、王牌について解説していきます。

王牌(ワンパイ)って?ゲームから除外する14枚の牌

王牌(ワンパイ)は、牌山の中からランダムで選ばれた14枚の牌

王牌(ワンパイ)』とは、『牌山(ハイヤマ)』中からランダムで選ばれた7列2段=計14枚の牌のことです。

【14枚の王牌】

【14枚の王牌】

 

王牌(ワンパイ)は、基本的にゲームから除外する

王牌(ワンパイ)は、基本的にはゲームから除外されます。そのためゲームが進行していっても原則的にはプレイヤーが王牌をツモることはありません。

和子
麻雀は、全部の牌をフルに使って遊ぶわけじゃなく、ランダムで14枚を除外しているってわけ!だからどんなにツモっても絶対に出てこない牌があるかもってことね!

麻雀用語を覚えよう

牌山(ハイヤマ)詳細

2段×17枚の麻雀牌の山。プレイヤーがここから麻雀牌を引いて手牌に加えていくことでゲームが進行する。

ツモる詳細

牌山から麻雀牌を1枚とって手牌に加える行為。

 

王牌(ワンパイ)の決め方

親がサイコロを振って王牌を決める

王牌(ワンパイ)は、局の開始前に親が2個のサイコロを振って決めます

親から反時計回りに出た目の分を数え、そのプレイヤーの前の牌山の右端から出た目の数だけ切り離します。そして、切り離したところから右に数えて2段×7枚=14枚の牌を王牌とします。

【王牌はサイコロで決める】

【王牌はサイコロで決める】

例えば上の図でAさんがサイコロを振って「6」を出せば、Bさんの前に積まれた牌山の右端から6枚目のところを切り離します。そして切り離したところから右に7つ数えたところが王牌となるのです。この例では、王牌は右隣のプレイヤーの牌山からはみ出るため、さらに右隣のプレイヤーの牌山の一部も王牌となります。

和子
個々の詳しい手順については、以下の記事を参考にしてみてね!

麻雀用語を覚えよう

局(きょく)詳細

麻雀のゲーム1回分のこと。1局、2局……と数える。

親、子詳細

一番最初に番が回ってくるプレイヤーを親、それ以外を子という。

 

嶺上牌、ドラ表示牌、裏ドラ、槓ドラって?

ドラ表示牌:左から3列目上段の牌、ドラを示す

王牌の左から3列目、上段の牌を『ドラ表示牌』と言います。このドラ表示牌はゲーム開始時に表を向けるようにしましょう。

【ドラ表示牌】

【ドラ表示牌】

ドラ表示牌の次の牌がその局『ドラ』となります。例えば、ドラ表示牌が一萬ならドラは二萬、ドラ表示牌が二萬ならドラは三萬…といった具合です。なお、九萬などの9の数字の牌がドラ表示牌だった場合は、一萬などの1の牌がドラになります。また、風牌は東⇒南⇒西⇒北⇒東⇒南⇒……、三元牌は白⇒發⇒中⇒白⇒發⇒……の順に数えます。

【ドラ表示牌とドラ】

【ドラ表示牌とドラ】

ドラとは、簡単にいうとボーナスがつく牌のことで、あがった時に手牌の中にドラがあれば、1翻増して点数計算をすることになります。

和子
点数計算については以下の記事で詳しく解説しているよ!

 

裏ドラ:ドラ表示牌の下の牌、リーチで和了したらドラ表示牌に

ドラ表示牌の下段にある牌を『裏ドラ』と言います。

【裏ドラ】

【裏ドラ】

裏ドラは基本的にはゲームに用いることはありませんが、誰かがリーチで和了した場合のみにめくって表を見ることになります。裏ドラは2枚目のドラ表示牌として扱います。そのため、リーチで和了すればドラが乗るチャンスが増えるということです。

了平
リーチの詳しい手順については以下の記事で解説しているね!

 

嶺上牌:王牌の左4枚、カンをしたときにツモる

王牌(ワンパイ)の左2列2段の4枚の牌を、『嶺上牌(リンシャンハイ)』と言います。

【カンしたら★の嶺上牌からツモる】

【カンしたら★の嶺上牌からツモる】

嶺上牌は基本的にはプレイヤーがツモることはありませんが、カンをしたときのみ嶺上牌から牌を1枚ツモります。嶺上牌をツモると一時的に王牌(ワンパイ)が1枚減って13枚になってしまいます。そのため、牌山の最後の1枚を王牌(ワンパイ)の一番右にくっつけて1枚補充します。なお、牌山の最後の1枚のことを『海底牌(ハイテイハイ)』と言います。

【海底牌から王牌を補充】

【海底牌から王牌を補充】

 

槓ドラ:王牌の右8枚、カンをしたらめくる

王牌(ワンパイ)の右4列2段の8枚の牌を、『槓ドラ(カンドラ)』と言います。

【槓ドラ】

【槓ドラ】

カンをして嶺上牌をツモって捨てた後に、一番左の槓ドラを表に向けます。表に向けた槓ドラは通常のドラ表示牌と同じように扱います。つまり、カンをするたびにドラが1枚増えていくことになるのです。

【★の牌が2枚目のドラ表示牌に】

【★の牌が2枚目のドラ表示牌に】

また槓ドラが表になっている状態で誰かがリーチで和了したら、下段にある槓ドラも裏ドラとしてめくることができます。つまり、カンをしてドラが増えれば、その分裏ドラも増えていくわけです。

【槓ドラの裏をめくる】

【槓ドラの裏をめくる】

和子
カンの詳しい手順は以下の記事を参考にしてね!

麻雀用語を覚えよう

ドラ表示牌

ドラを示すための牌。この牌自体はドラでも何でもない上、プレイヤーの手牌に渡ることもない。

ドラ

和了した時に手牌の中にドラがあると点数にボーナスがつく。

嶺上牌(リンシャンハイ)

王牌のうち、ドラ表示牌より左側にある4枚の牌のこと。

カン

槓子を作る行為のこと。

海底牌(ハイテイハイ)

牌山の中にある牌うち、最後にツモられる牌のこと。

槓ドラ

カンをしたときに追加される新たにオープンされるドラ表示牌のこと。

 

まとめ

和子
今回は、王牌について解説したよ!

POINT

  • 王牌は、ゲームから除外する14枚の牌
  • 王牌は、サイコロを2回振って決める
  • 王牌の中には、嶺上牌、ドラ表示牌、裏ドラ、槓ドラがある
了平
王牌の決め方や、嶺上牌のツモとか、ちゃんと覚えておきたいね!

次の記事>>
打牌、捨て牌

-ゲームの進行に関する用語
-, ,

執筆者:

関連記事





comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です